紫外線対策に効果的な化粧品について

紫外線は、肌に浴びてしまってから行う対策と、紫外線を肌から遮るための対策とが存在します。自分ではたくさん紫外線を浴びたつもりはなくても、家に帰ってみたら顔が赤くなっていたり、肌表面がひりひりしてしているという事はよくあることです。肌に紫外線を浴びてしまった時に、皮膚のダメージを緩和する方法は何かないのでしょうか。紫外線をしばらく浴びた肌は、表面の赤みが増し、ひりつくことがあります。多くの場合、赤みは一日程度でおさまります。皮膚の赤みは、多少冷やしたくらいではそう簡単にはなくなりません。日焼けの症状は、それ以後数日かけて、メラニン色素の増加になって明確になってきます。皮膚が黒くなるまでは肌の炎症を抑制する美白化粧品などを活用し、シミやくすみなどが増えないようにすることが、紫外線対策では重要です。多くの美白化粧品には、抗酸化作用がある成分を含んでいます。効率的な紫外線対策を講じたい場合は、美白成分の使われている化粧品を少し多めに使うことです。多くの場合、季節ものの販売コーナーでは夏には紫外線対策商品を販売します。紫外線から皮膚を遮るためのもの以外でも、日焼けをした後に肌につけるクリームやローションなどもあります。紫外線を長時間肌に浴びて、肌がダメージを負ってしまったという時は、日焼けをした皮膚に使うクリームやスプレーを上手に使って、皮膚をいたわってあげるようにすると紫外線対策になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です