肌のたるみ防ぐには

たるみのない、スッキリとした若々しい肌を目指している人は多いようです。普段からどのようなことに気を付ければ、肌のたるみを防ぐことができるのでしょうか。たるみの最大の原因といわれているのが紫外線です。もしも強い紫外線を肌にずっと受けていると、コラーゲンやエラスチンなどの肌の健康を保つ成分がダメージを受けてしまいます。外出する時には、必ず日焼け止めなどの紫外線対策を怠らないようにする事が重要です。たるみ予防には、ダイエットのペースを考えることも必須です。ダイエットの結果、今まで皮膚を支えていた脂肪がなくなり、たるみが出ることがあるためです。そして、リバウンドで脂肪が元どおりになってしまえば、皮膚は決定的にまで伸びてしまいます。ダイエット後にリバウンドをしてばかりいると、皮膚はたるみがそのままになってしまうでしょう。肌の乾燥もたるみの原因になるので、普段から保湿を心がけることも、たるみを防ぐポイントです。乾燥すると皮膚の新陳代謝が悪化し、古くなった角質がはがれ落ちにくくなります。もしも肌が乾燥すままにしておけば、コラーゲンやエラスチンを新しく作る機能も下がり、カサカサのたるんだ皮膚になってしまいます。むくみを予防することも、たるみを防ぐためには重要です。皮膚が本来持っている弾力も、むくみを繰り返しているうちにたるみが目立つようになりかねないため、マッサージが役立ちます。普段の生活の中で、肌のたるみのない1日を過ごすための方法は様々ですが、お肌のためにやってみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です